家庭での脱毛について:レーザー脱毛医療・永久脱毛の部屋

家庭での脱毛について

・家庭での脱毛~毛抜き
毛抜きで抜くのは、簡単で見た目も剃るよりもスッキリ見えます。
しかしなんと言っても痛みがありますし、時間もかかります。
毛抜きが清潔でなかったりすると、抜いた後に雑菌が入って化膿することもあり、また炎症の後が黒ずんでシミになる可能性もあります。
また抜く途中で毛が切れると、次の毛が体表に出てくる前に皮膚が回復するので、毛穴の上を皮膚が覆ってしまい、伸びてきた毛は皮膚表面に出られず、内側で渦巻状に成長するものがあります。

・家庭での脱毛~脱毛クリーム(リムーバー)
毛髪がアルカリ性に弱い性質を利用してケラチンをとかし、脱毛する仕組みです。
しかし表面への変化に止まるので、毛根から抜くのではなく見えている部分の除去にとどまります。
一番の問題は、皮膚への影響で、使用の際には必ずパッチテストを行うべきです。

・家庭での脱毛~脱毛ワックス・脱毛テープ
脱毛ワックスは暖めたワックス剤を塗り、冷えてからはがすものが一般的です。
毛の流れに逆らって、一気にはがすので一度に大量に引き抜けます。
はがすときには痛みがあり、また、皮膚表面の角質まで一緒にはがれることもあります。
物理的刺激が強いので、やればやるほど毛が濃くなる可能性もあります。

・家庭での脱毛~電気脱毛器
ピンセットで挟み、高周波を流すと毛根がダメージを受けて毛が抜けるという仕組みで、原理としてはエステサロンで使用しているものとほぼ同様です。
しかし、家庭で技術のない素人が行うのですから、電流が毛根に達していないこともあり、単に抜いているのに近く、再び生える可能性も大です。
また、毛穴や皮膚にトラブルが起きることもあります。

・家庭での脱毛~カミソリや電気シェーバー
カミソリはなんと言っても、短時間に広範囲の毛を迅速に処理できます。
しかし、確実に皮膚の表面もわずかずつ一緒に削り取っているのです。
特に逆ぞりは、毛穴を傷つけますのでやらないようにしてください。

・家庭での脱毛~脱色剤
金色のうぶ毛のような色になりますが、効果があればあるほど肌を刺激します。
人によってはかぶれ、また脱色すると色素に栄養が行かないぶん、成長が促進されるので以前より毛が長くなるようです。

・家庭での脱毛~サンドペーパー
費用は安いし手軽で簡単ですが、皮膚をサンドペーパーでこすること自体、かなり荒っぽい方法と言えます。
刺激により、前より濃い毛が生えてくる可能性もあります。

 
レーザー脱毛医療・永久脱毛の部屋 TOPへ 脱毛法 家庭での脱毛について