体毛の構造と種類:レーザー脱毛医療・永久脱毛の部屋

体毛の構造と種類

・毛根の構造
毛根の根っこの部分は、球状に膨らんだ毛球と呼ばれるところで、その底のくぼみを毛乳頭と言います。毛乳頭には血管や神経が通じており、すぐ上に集まっている毛母細胞に栄養分を送ります。
この毛母細胞は体毛の発生源で、栄養を受けて分裂、成長します。
細胞は角化して、うろこのように連なって毛ができ、毛包内を上方へと伸びて体表へと顔を出すのです。
また、体毛の色を決定するメラニン産生細胞も、毛乳頭部分にあり、毛乳頭や皮脂腺開口部が破壊されない限り、毛は抜いても剃っても再び生えてきます。

・毛幹の構造
毛幹は3つの層からできており、外側から毛小皮、毛皮質、毛髄質です。
毛小皮(キューティクル)は、半透明のケラチン(硬たんぱく質)でできている薄い細胞膜で、根元からうろこ状に重なってコーティングしています。
毛皮質は体毛の主成分で、軟らかいたんぱく質でできていて、毛皮質はまた多くのメラニン色素の顆粒を含みます。
毛髄質もたんぱく質からなり、太い毛と細い毛ではその量が違います。

・毛の種類
一次毛(胎生毛)とは、赤ちゃんが胎児のときから生えている短く細い毛で、全身がこの毛で覆われています。
二次毛(軟毛・うぶ毛)とは、生後に生えてくる細くて軟らかい毛で、毛髄質がなく色素もほとんど持っていません。
三次毛(硬毛)とは長くて太い毛で、毛髄質があり、色素を含んでいるので色も濃い毛です。
これとは別に、白人成人の場合は、軟毛よりは太く硬い毛が四肢を覆っていることが多いので、中間毛と呼んで区別することもあります。

・発毛と性ホルモン
体毛の変化をつかさどるのが、性ホルモンのアンドロゲン(男性ホルモン)とエストロゲン(女性ホルモン)です。
アンドロゲンは、眉毛から下の体毛を発育させ、エストロゲンは主として頭髪の成長を促します。
また、アンドロゲンは皮脂腺を拡大するので、皮脂の分泌が活発になります。
反対にエストロゲンは皮脂腺を狭めるので皮脂の分泌が少なくなります。
このアンドロゲンとエストロゲンのバランスが崩れると、体毛が生えなかったり、多毛になったりするのです。

 
レーザー脱毛医療・永久脱毛の部屋 TOPへ 体毛について 体毛の構造と種類